審美歯科

治療に使用する材料について
-詰め物・被せ物の材料-

保険診療と自費診療

歯科治療には、保険診療と自費診療があります。

保険診療と自費診療の大きな違いの1つは、治療に使用する材料の違いです!

国が認める保険診療は、どんな方でも同じ費用で同じ治療を受けられる代わりに材料は安価で、必ずしも良いとは言えないものが使用されています。

ですが、患者さんによっては、より良い材料を使用して治療を受けたいと考える方々もたくさんいます。
そういった方のために、自費診療は存在しています。

保険診療と自費診療の違い-治療後も長きにわたって歯を守れるか-

インプラントや矯正治療など、そもそも自費でしか行うことができない手法のものもありますが、一般的な治療を行っていく中での保険診療と自費診療の大きな違いは、用いる材料の違いです。

保険診療は、どんな所得のどんな方も、全員が同じ費用で治療を受けることができます

ただしそのかわり、治療に用いられる材料は安価な材料に限られているわけです。
安価な材料だと、何が問題になりうるかというと、治療を行った歯の治療後の運命です。

安価な材料は、どうしても精密に製作できないので、詰め物や被せ物でしっかり治療してもどうしても隙間ができてしまう為、 将来的にまた虫歯になるリスクが高かったり、欠けたり、変色してきて見た目が悪くなったり、というトラブルが起こることが多くなります。
ですが、 必ずダメになるということではなく、リスクの問題です。

しかし残念ながらトラブルが起きた歯は、再度削ることになるため、歯の寿命は縮んでいくことになるのです。

そうした2次的な虫歯やトラブルのリスクを低くして歯を長持ちさせていくことを可能にするために、選ばれるのが、自費の材料を用いた自費診療です。

保険診療で使用できる材料

金銀パラジウム合金

インレー、クラウン治療に使用可能。
金パラ製品の金属組成・成分としては、金12%、パラジウム20%、とJIS規格(JIS適合品)で定められており、銀50%前後、銅20%前後、その他インジウムなど数%が含まれています。

長所

  • 保険診療で使用可能
  • 金属なので割れたりしにくい

短所

  • 金属アレルギーの原因になりうる
  • 歯茎に色がついたり、色が透けることがある(ブラックマージン)
  • 製作過程で誤差が生じやすく、歯との間に隙間ができてそこから2次的な虫歯になるリスクがある。
★ブラックマージン

Cr(クラウン)のフレームに使われている金属の色が歯茎付近に出てしまう

治療前:保険診療 治療後:自費診療
レジン前装冠(金属のフレームにプラスチックが貼り付けてある)
前歯の色と歯茎の色が気になるということで来院。
セラミッククラウン
金属を使用しない。
硬質レジン前装冠 セラミッククラウン
【問題点】
・歯と被せ物の間に黒い金属色が透けてしまっている。
・レジン(プラスチック)が着色してしまっている。
・セラミッククラウンに変更。
・色を合わせるため、治療計画としては、今後左側も同じものに変える予定。
■費用:11万円
CAD/CAM(クラウン)

材質:ハイブリッドセラミックのブロック

長所

  • 部位によっては保険適応(主に前から4番目、5番目の歯)
  • 色が白い

短所

  • 保険の決まりで、使用できる部位に制限がある
  • 強度はあまり強くないので割れるリスクがある
  • 色が単色
  • プラスチックなので経時的に着色してきてしまう

金銀パラジウム合金より製作時の誤差は抑えられます!

製作過程の誤差

金銀パラジウム合金は、保険診療で使用できるという点においては非常に優れた材料です。

しかし材料の性質上、高熱で溶かして型に流し 込むことで詰め物や被せ物の形に製作していく過程で、冷えて固まる際に収縮してしまいます

口腔内にはめ込む際や、被せる際にはこの隙間は埋めることができないので、どうしても歯と製作物の間にスキマができてしまいます

虫歯再発のリスクは「高め」
毎日の歯磨きや、定期検診の受診は必須です!

CR(コンポジットレジン)

比較的小さな虫歯治療(CR治療)の際に使用する白色のプラスチックの材料。

長所

  • 安価
  • 白い

短所

  • 脆いので、気づかないうちに欠けたり、割れたりすることがある
    そこから2次的な虫歯になっていることがある
  • 着色してくるので見た目があまりよくない
  • 強度的な問題から、大きな虫歯に対してはIn、On、Cr治療が必要になる

対策:CRの上位材料である、ハイブリッドセラミックを使用する。

治療前 治療後
硬質レジン前装冠 セラミッククラウン
咬合面(溝の部分のみ)にカリエス
→小さめの虫歯
保険診療
CR充填

小さいうちに早期発見、早期治療ができる場合は歯を削る量が少なくて済むケースが多いです!

自費診療で使用できる材料

2次的な虫歯になりにくい材料なので、装着後に適切なメンテナンスを行っていくことで将来的に虫歯になるリスクを下げることができます。
また、審美的にも優れているため、美しさが持続する材料です。

セラミック
  • 一切気金属を使用しないもの:ジルコニアボンドクラウン、ジルコニアクラウン、e-maxクラウン
    →陶材、ポーセレン(お茶碗や、お皿のような材料。)、ジルコニア
  • 金属のフレームにセラミックを貼り付けるもの:メタルボンドセラミッククラウン
    →保険のものより金属の使用量は抑えられるので製作時の誤差は少なくなる

長所

  • 汚れが付かず、美しさを保てる
  • 歯茎に色がつかない
  • 製作過程での誤差が少ないので、歯にピッタリはまり、結果2次的な虫歯になりにくい

短所

  • 硬すぎて、対合の歯にダメージを与えてしまうことがある
  • 強い衝撃で、割れることがある
★メタルボンドセラミッククラウン
治療前 治療後
メタルボンドセラミッククラウン メタルボンドセラミッククラウン
・金属のフレームの外側にセラミックを貼り付けてある
・金属の使用量が少ない分、金属の収縮にゆる製作時の誤差は少ない

■費用 : 9万円~(税別)

★セラミッククラウン(e-max)
治療前:仮歯状態(プラスチック) 治療後:セラミッククラウン
セラミッククラウン(e-max) セラミッククラウン(e-max)
脆い
汚れが付きやすい
汚れが付きやすい長期間の使用で、虫歯になるリスクが高い
強度がある・美しい
汚れが付きにくい
虫歯になるリスクが低い
■費用 : 11万円
ジルコニア

クラウンタイプ:13万円~、インレータイプ:5万円~

白い金属とも言われることのある材料。

長所

  • ジルコニアのフレームを作り、その表面にセラミックを盛り付けることも可能
  • 金属アレルギーにならない
  • 歯茎に金属イオンが流れ出すことや、金属色が透けてしまうことがない。
  • 製作過程での誤差が少ないので、歯にピッタリはまり、結果2次的な虫歯になりにくい

短所

  • 硬すぎて、対合の歯にダメージを与えてしまうことがある
  • 強い衝撃で割れることがある
  • インレー治療の場合は色は白いが、ちょっと透明感に乏しく見えることがある
★比較例
セラミックIn(e-max) ジルコニアIn
セラミックIn(e-max) ジルコニアIn
歯の色に近い白。 色は白いが、単色っぽい白。
強度はe-maxよりもあるので噛み合わせ強い方や力がかかる部位の治療におススメ。
■費用 : 5万円~(税別) ■費用 : 5万円~(税別)
★ジルコニアボンドセラミッククラウン
治療前 治療後:セラミッククラウン
セラミッククラウン(e-max) セラミッククラウン(e-max)
神経が活動しなくなり、変色してしまった歯。 神経治療を行った後、歯の生えている方向も考慮してジルコニアボンドセラミックの被せ物を製作した。
■費用 : 13万円
ハイブリッドセラミック

小さいもの:1万円~、 インレータイプ:3万5千円~

レジン(樹脂)にセラミックが練りこんであるもの。
セラミックという名前はついているが、硬いプラスチックというイメージ。
インレー、クラウン、CR治療に使用可能。

長所

  • CR治療のようにハンズオンでの治療に使えるものもある
    (1本の歯に対して1回の治療で終わる)
  • 色が歯の色に近く、きれい
  • プラスチックよりも強度がある

短所

  • 経時的に着色してくる
  • 硬いプラスチックというイメージなので、噛み合わせの強い部分では割れてしまう
★CRタイプ(型取りなし)の治療
治療前 治療後
CRタイプ CRタイプ
隣接面を含まないInの2次カリエス
(歯と歯の間の虫歯を含まない)
2次的な虫歯になるリスクを軽減させることができる。
見た目を白くできる。
■費用 :10,000円~15,000円(税別)
★ハイブリッドインレー治療
虫歯の確認 虫歯の除去・形成・型取り ハイブリッドインレーSET
虫歯の確認 虫歯の除去・形成・型取り ハイブリッドインレーSET
ハイブリッドインレーは小臼歯(前から4番目、5番目の歯)に適応です。
■費用:35,000円(税別)
GOLD(ゴールド)

クラウンタイプ:9万円~、インレータイプ:6万円~

金合金(18K、22K)や白金加金(金にプラチナを加えたもの)の材料。
インレー、クラウン治療に使用可能。

長所

  • 適度に柔らかく、次第に歯になじむような材料なので、2次的な虫歯になりにくい
  • 金属アレルギーになりにくい
  • 割れることは少ない

短所

  • 部位により、目立ってしまう
★比較例
削った後 SET後
削った後 SET後
  強度が強いため、目立たない上の奥歯などにはオススメする場合があります。
■Gold クラウン:9万円(税別)
■Gold インレー:5万円(税別)
  • お問合せ
  • 04-7197-6629